2017年10月23日月曜日

inscription

風雨の音で早起きる。超大型台風21号が北上している。名称はLAN(らん)中心気圧950hPa.で東北地方は午後から夜にかけて通過と予想される。家の周りを染め、楽しませてくれていた「紅葉」もこれで終わりだろう。今日は(も・笑)引き籠もり、引き続き「作業」を進める。
気分で入れるロッドの「題名」inscription。メモ帳にメイフライを書きなぐっていたら思いついた「Nca」fly...前肢の「N」から翅の前面にのぼり上がり、「c」と「a」を胴体にして「a」からつなげ跳ねてテールに。最後に翅の後方を描く。スペックの記入まで、息を停めて一気に...4mm~5mm幅に手で描くので「表情」がバラバラになるのはご愛嬌(笑)

2017年10月22日日曜日

for Trout

「アメリカのこの熱狂の釣り人たちを見よ!鱒釣りの魅力を語りつくした不朽の名エッセイ13編。雨の日、冬の日、そして釣れぬ日の釣り人にささげる」と裏表紙カバーに書かれた本は「鱒釣り」Fishing for Trout杉山透 編、訳者 谷阿休 他(朔風社1983年刊)...バンブーロッドを「仮組み」して、ひとり悦に入り(笑)再びブランクスに戻し磨き上げてから塗装に入る。塗料で満たされた「ディッピング・タンク」から低速モーターで引き上げられるのを待ちながら、読み返す。
ここには釣り人しか理解できない(であろう)「笑い」がある「涙」がある。それも極めて上質で時代を越えて語りかけて来る...「釣りは、男が淋しさなしに孤独でいることができる、地上に残されたわずかな場所の一つだ」ロバート・トレーヴァーRobert Traver。あ、塗装中のバンブーブランクが天井近くまで巻き上がってしまった様だ...

2017年10月21日土曜日

time difference

time difference 時差...米国東部時間と日本の時差は11時間。ペンシルベニアが15:00ならば岩手は翌朝4:00てな訳だ。マイク・マクファーランドとメールのやり取りをするのに「早起き」(ただでさえ早起きだけど)してPCを開ける。「打てば響く」様なレスポンスでメールの交換が出来て話が早い。カンパニーロゴやロッド画像を送ってね、と言えばかくの如し。ただ「時差ボケ」Jet Lugで日中に眠くなるのが困る(笑)
クリア・グラスはこんな感じの..乳白色
イエロー・グラスはこんな感じで。「Clear or Yellow Glass $279,Painted Translucent Brown or Olive Green add $40」【ブランク購入受付中】

2017年10月20日金曜日

Image

Guide to "Pennsylvania LIMESTONE RIVER" by A. Joseph Armstrong 1984を持ち出して「東部の川」をイメージしてみる。ハッチチャートを見ると日本とさほど変わりはない。ライムストーン(石灰岩)の穏やかな流れと、フリーストーン(石灰岩も多少露出しているが)の渓流の違いくらいか。いつかは行けるだろうと思っているうちに33年が過ぎた(苦笑)"Mike McFarland Glass blanks"も米国東部ペンシルベニア製。こちらにはもうすぐにでも会えますよ「求めよさらば与えられん」(画像のロッドはLamiglas Blanks。イメージですから・笑)

2017年10月19日木曜日

Glass

「Ameriglass Classic Fly Blanks. The Classic models designed with a slower,yet highly refined,taper and a traditional,deep flexing glass feel.Classic blanks excel at true fishing distance and roll casting but will still longer casts with ease.Classic blanks offer high line feel and unmatched smoothness.All Ameriglass Classic Fly blanks are 3 piece and available in natural clear glass, yellow glass, or painted translucent brown or olive green.」 アメリグラス「クラシック」フライブランクはスローアクション設計。しかし研ぎ澄まされたされたテーパーはゆったりと曲がるグラス特有の感覚を持ちます。Classicブランクは実釣距離にもロールキャストにも秀でていますが、いざという時のロングキャストも容易にこなせるように設計されています。 アメリグラス「クラシック」フライブランク3pc.はクリアグラス、イエローグラス、または半透明のブラウンまたはオリーブグリーンで塗装されています...米国の東部、ペンシルベニア州のマイク・マクファーランドMike McFarlandが自ら作るグラスブランクス。彼のウエブサイトは以前からフォローしていて「ロッド」作りもNCAと同じ「方向」と感じていた。メールのやり取りで「取り扱い」出来ることに。ご興味をお持ちの向きは「リスト」から選び、ncaflyfish@Gmail.com までご連絡下さい。

2017年10月18日水曜日

A to Z

パターンブックの巻頭「A」を飾る 「有名毛鉤」何気なく使っているが、出自は「Original tied about 1920 by Leonard Halladay of Mayfield ,Michigan.Named for Charles F.Adams of Lorain,Ohio,who fished it with good success on the Bordman River in Michigan」"Flies for Trout "by Dick Stewart/Farrow Allenに書かれている。97年前の出来事が昨日のことのように記録されているのには驚く。一世紀の間にどれほどの鱒を翻弄したのだろう(笑)アルファベット順の毛鉤はAはアダムス、Bはブルーダン、Cはカディスと続き、Zまで(ZはZug Bagで締めくくられている)

2017年10月17日火曜日

Glass

Mike McFarlandのAmeriglassグラスブランク...リストをプリントアウトして眺め、研究。6'8"#3から7'9"#5は3ピース。カラーはクリア、イエロー、トランスルーセントブラウン、オリーブグリーンから選べる。4ピースシリーズは7'9"#5~8'6"#6まで。米国現地価格は279ドルから319ドル。輸入すると関税・内国消費税・送料が加えられ幾らになるんだ?6833や7333あたりが日本の渓流向きか?ああ、悩ましい...(苦笑)