ncaflyfish

2019年11月21日木曜日

ax

昨日、盛岡気象台で「平地での初雪」を観測したそうだ。例年より11日、去年より2日遅い。亀ヶ森でも朝から白くなった。気温0℃、湿度62%...鉈axアックスを使い木を割って「つけ木」を作り、ガスバーナーで着火する。今年の薪は火付きが良い...今年、薪ストーブは18日から燃やし始めたから部屋の空気は暖かい...
外は強風で、雪が舞う...きましたね~「冬将軍」(苦笑)

2019年11月20日水曜日

#7 Line

湖や大川で大型のフライを使えて、それもグラスの7番を探しCTSのHPを見たがリストアップされていない!メールで「カクカク、シカジカ」と説明をしながら問い合わせたところ「リスト外」にゾロリと7番指定が...767-2/ 767-3/837-3/867-2/867-3/867-4/897-3/907-4/1007-2/1007-4/1067-2/1067-4のテーパーデザインを持っているから作れるわよと連絡があった(嬉)Unidirectional S-glass素材だから重くもなく、反発力も「折り紙」付き。長さと、継ぎ数を選んで数ある色から選ぶ。悩ましくも楽しい作業。長めのフィッシュテール・グリップが好み...(笑)

2019年11月19日火曜日

Silex

チィーンと金属的な音を響かせてサイドスロー気味に投げるのを映像で見たことがあるHardy "Silex"Bait Casting Reel(カタログによれば直径4インチ10.15cm物で305g、11kgテストのモノフィラが270m巻けるとある)サーモン、スチールヘッドそしてトローリングにも使用するフリーホイール・リール。釣り人は永続的な回転を目指し求めて、軸にモリブデン油を塗ってモーターを使い24時間以上回転させ「馴染ませて」から使う...らしい...持ったことも使ったこともないけど(笑)
なぜ今?サイレックスの話?と言うのも「ボートで湖のワカサギ釣りのついでにムーチングやると面白いです。サクラやブラウンが釣れたり、コーホも!残念ながらSilex持っていないのでMitchel408スピンニングリールで...」とコートランド社時代のDiamondback8056ロッドを「改造」のため送ってきたから(笑)まるっきりスピン風にするか、それらしく仕上げるかを提案して決まったのがコレ。ミッチェルの長足、Silexにも対応できるリールシートをつけた。カッコいいんだけどな~サイレックス。このリール専門の熱狂コレクターがいるくらいで、英国のアンティーク市場で下は£200から上は£3000!(1£=約¥140)の価格で販売されている...こりゃ~悪魔の囁きだな...(笑)

2019年11月18日月曜日

Season

我が家の犬、次男がつけた正しい名はKing Socks Jr.というのだが、長ったらしいので「キンちゃん」と呼んでいる。その犬も寒いのか朝起きるのが遅くなった。気温-2℃、湿度60%で今朝は今季初めての氷点下。外に出してあるキンの飲み水も凍っている。外水道栓も水抜きが必要だ...これからこういう日が続いて、やがて「雪」がくる(苦笑)今年ストーブで焚く薪は異常気象のせいで虫食いが多く、運ぶと粉が出るぞと「薪屋」のオジさんがサンプルを持ってきた。燃やすには影響はないけど使い切らないと「いい薪に虫が移るよ...」とも言っていたな~

2019年11月17日日曜日

Name

昔日「ロッドビルダーたるや、修理・改造がこなせなくては...」と言われた。まぁ、修理・改造は知見・経験を積んで大概のことは出来るようになっても、これはイケナイ(苦笑)先端30cm破損、ロッドが古すぎてブランクが入手できない。生涯保証の話も出たが、肝心な「保証書」も紛失。おまけにご自分で別の穂先を接着して、カクカクすると持ち込まれた約30年前の「SAGE GraphiteⅢ389LL」悩んだ末に同じようなブランクカラーのNCA/ParaGraph 863でセージ風に作ることを「選択」リールシートはStruble U-8。金具を探し出し、付けるウッドはブライヤー。使い込まれたグリップは痩せ細っていて参考にならず、当時セージも採用していた「リバース・ハーフウェルズ」に削る。古いロッドには手をつけないで「新規製作」...あらま、注文主のお名前「Seiji」さん!

2019年11月16日土曜日

McFarland

出荷の連絡があり、その後、どこをどう巡っていたのか行方不明に。おまけに横浜税関川崎出張所に5日間も滞在し漸く亀ヶ森に到着。んも~(苦笑)...OHさん、三本目の「マクファーランド・ロッド」ですね。今回はスピゴット・フェルール仕様の「Spruce Creek」スプルース・クリーク7'7"#3 wt...既にパーツ類は取り揃えて「待っていた!」ので、ここからは速い(笑)マイク・マクファーランドに「頂戴!」とお願いしておいたステッカーも同送してもらったし...本日「発送!」

2019年11月15日金曜日

Repair & Modification

  Lamiglas FL783-9/6'6"#3wt.の「修理と改造」Repair and modificationが完了。気になった「小継ぎ竿」のブランクをネットで調べてみたら、6'6"#3と7'0"#3で4-6-8-10本継ぎが、7'6"#4と8'0"#5に4-5-6-7-8-9-10本継ぎが販売されていた(在庫があるのかは不明)画像の663-9pc.の仕舞込み寸法は約26cm...NCAでは「新規製作」は勿論のこと、お持ち込みのロッドの「修理」「改造」も承っております...ご用命、お問い合わせはメールで ncaflyfish@Gmail.comまでどうぞ...
こんなのも作った...Lamiglas FL783-6/6'6"#3wt.6pc.