2018年4月23日月曜日

Hand-Grasp

 先週は暖かい日が続き何度か川にでかけたが、今週から天気は下り傾向らしい。川に行けない日、自分で使っているKameglassGlas-Pak4を眺めていてグリップの改造を思いついた(苦笑)元は両方とも「シガー」(画像上)だったのだが、いまの好みは「先細・シガー」...旋盤のチャックに咥え回転させ削る。出来上がったロッドを持って釣りをしながら「ここんとこもう少し細い方が...」と気づいて帰宅後に再び削り直した。ロッドの「感度」もシャープになった気がする...(笑)

2018年4月22日日曜日

daffodils

daffodil 水仙...黄色い「ラッパ咲スイセン」は川岸でよく見かける季節となったが珍しい「大杯咲スイセン」を見つけた。気温も20度越えの予想日、いてもたってもいられずに(笑)先日、二人の餌釣りが下ってきたので諦めた場所の続きへ入渓...
水深は膝上くらいだろうか、盛期には樹の枝が覆いかぶさり手こずる厄介な流れ。Kameglass 703 Rodを使いロールキャストで押し出すようにフライを投げ込む...と
あはは、してやったり!...The Brothers Fourの名曲「Seven Daffodils」(邦題:七つの水仙)が頭の中で聴こえた(笑) 

2018年4月21日土曜日

flyfish

車で上流に向かう間ずっと見えている「白ウサギ」(白く波立って水量の多い様・苦笑)一週間前に通り、増水は分かっていたがもう大丈夫だろうと思い出掛けた。ここまで来たからやるしかない!ワスレナグサの群生場所まで下っても余り毛鉤を投げる場所は無いみたい。こんな時は「緩い流れ」だな、と投げれば今年初めてのイワナ。川沿いの農家は畑おこしの最中。トラクターの排気ガスが臭いのとうるさいのに閉口。記憶をたどり「深みのある緩流」を目指し移動...
首筋に当たる日差しが暑い。気温19℃、微風。たまにはあまりやらない場所も、と考え深みのある流れの脇を流せばヤマメが飛び出す...
昼食に入った食堂の女将に増水のことを話したら、曰く「一昨日の夜、随分と雨が降ったから...」え~うちの方は降らなかったな~(苦笑)

2018年4月20日金曜日

Countryside

裏山で「一筆啓上仕り候...」とホオジロが鳴いている。外に出て寒暖計をみれば気温は4度だが「寒さ」は感じない。今日の最高気温予報は21℃、昨日は確か23℃くらいまで上がった。亀ケ森・岩の目の桜も例年通り(17~18日)に咲いた。周りの山も芽吹きうっすらと変色する。
きっと今日もいい天気でソワソワするのだろうな(苦笑)先週の雨や風の寒さ消えて...あの川も水が落ち着いたか?とちょっと気になる(笑)

2018年4月19日木曜日

by Fiberglass

nca / 6'9"#3 2pc.を洒落たゴールデンシャドウ風の巻き方で作ること。ブランクカラーはバーガンディ・ワイン色。グリップ長さは115mm、REC社CRNSSシート、白ペグ、N/Sフェルールクラスプ、Mildrum社 SRMC#8 ストリッピング、N/Sリングキーパーなど「GS仕様」このロッド、ビビットと来たらすぐメール! ncaflyfish@Gmail.com までお問合せを。あと5日間で仕上るので「ゴールデン・ウイーク」の釣りに「ゴールデンシャドウ」風グラスロッド使えます...(笑)

2018年4月18日水曜日

search

「赤い流星号」に乗って釣りに来ていたMが「偏光グラス」を無くしたと言う。釣り人にとってアレがないと川を歩けないし釣りにもならない。Google Mapの衛星写真で場所と範囲をプレゼンしてきた(苦笑)本人は無くしたと分かった翌朝に「現地」まで探しに戻ったが見つからなかった。友人の間では「キツネが持ってったんじゃね?」と言われている。ん~近所なのでしょうがないな~探しに行くか、とコンパラ毛鉤を3本巻いてから出かける(笑)Compara-Dun は1960年代中頃にAl CaucciとFran Betters'によって開発されたメイフライMayflyを広範囲にカバーする毛鉤だ。オリジナルからマテリアルを変えて見易くした毛鉤は今季も働いてくれている...ありゃ?本来の目的はサングラス探しだったか~こりゃ(ヤ)マメ探しだったようですね...(笑)

2018年4月17日火曜日

blossom (2)

岩手県は北海道に次いで「県土面積」が広い。内陸部と沿岸部の気候の違いも大きく、概して黒潮の影響で沿岸地方は暖かい。内陸・亀ケ森「稲荷の桜」は芽を付け始めたようだが開花は週末かな?車で移動すると海に近づくほどサクラ花を目にすることが出来る。
黄色が派手な「レンギョウ」や踏みつけてはいけない「ホトケノザ」9℃と少し寒いが♪ああ、北国の春「コブシ」咲く渓で釣りをする。