ncaflyfish

2023年1月30日月曜日

oxidize

人為的に「酸化」oxidizeさせるのがbluedと言れる酸化液を使っての「黒染め」。自然に酸化して黄色っぽく変色しているのが良いと選ばれたBellinger DLSB N/S金具。普通なら磨いてしまう所だが「磨かないで!」と仰る(笑)これにコルクフィラーを合わせたいと、ご要望なので削り出す。使うラインもリールも決まっている。Orvis CFO IIIがそれで、フットを合わせながらの作業。グリップはコロッとしたT&Tスタイルの130mm。肝心のMcFarland "Parabolic"ブランクの入荷が少し遅れているのが気になるところ...

2023年1月29日日曜日

McFarland

結局、通常の「記入」McFarland "Spruce Creek" 703north country anglerを手書き。白い絹糸も透けて、セロハンテープで巻いた?と思うほど。飾り巻きも一切ないので黒いガイド(フットもスケスケ)、グリップやリールシートが付いていなければ「黄色い棒」ただのブランクに見えるけれど、コレはこれでグッドチョイスだと思う...(笑)

2023年1月28日土曜日

missing

ご好評いただいている「Ben's Rod」だけど、SNSやeメールを何度も試みたが、行方不明missing。昨年9月から今年になっても連絡がつかない!この間、何人もの方から『どうです?」と問い合わせがあったけど...画像下のBen's of Holland 7'5"#4-4pc.blankが最後のストック。ん〜日本の渓流にマッチした楽しいフライロッドなんだけどな〜どうしたのかな〜ベンさんBen Bron。誰か知りませんかね〜

2023年1月27日金曜日

windstorm

寒波・低気圧で暴風windstormが吹き、朝、新聞を県道近くまで取りに行くと「新聞受け」に蓋が無い!陽に晒され雨に打たれ、雪が吹き付け、積層面が劣化し割れてしまった様だ。あたふたとフタの行方を探すと、もう少しで沢に落ちるところまで飛ばされていた。修繕方法を考えて製作し、直した。この厚みのパイン積層材を「ブチ破る」風って、どんだけ〜!。外での修復作業でコチラも凍った...
NCAの脇を流れる「大林沢」は80%結氷している...

2023年1月26日木曜日

inscription

『細かいことで恐縮です。早く気付けばよかったのですが、製作いただいたBen’sのロッドに記入いただいた文字なのですが、スペリングに誤りがありました。hayachinense とお願いしたと思いましたが、10文字目のnが抜けているようです。修正をお願いできますでしょうか?』あら〜思い込みで「ハヤチネーゼ」(早池峰人のことかと?)と書いたけど「ハヤチネンセ」だったんですね。申し訳ありません!気になりますよね。お送りいただけば「修正」致します。で、送られて来た誤記入を削り落とし下地を再塗装。乾燥を待って再記入する。誰だ!こんな細かい文字書いた奴は、あ、ワタシだ...(笑)

2023年1月25日水曜日

white

「10年に一度の寒波」がやって来る!と繰り返しラジオニュースで言っている。今朝も雪掻きをして県道までの道を確保する。外に居たのは一時間ほどだったけど手先が痺れる様に寒く、解凍して(笑)ロッドを巻くまで少し時間を要した。さて、ネームは未だ決まらないが、影響のない部分を進める。トランスパーレント(透明)transparent巻きは白い絹糸で行う。巻いた当初は「白」だが、McFarlandのブランクカラーに馴染んでしまう。室内でヌクヌクと作業していて、外を見れば細かい雪が時折、吹雪くモノクロームの世界...

2023年1月24日火曜日

transparent

巻き糸は「透明」transparentでブランクカラーに同化する様に、ネームは何々、金具は黒染めとご指定のMcFarlandスプルースクリーク・ロッド。バットセクションから作り始めたが、メールで「待った」が掛かった。ネーム入れを変更と言って来たのだ。お〜危ない、危うくセーフ。今日書き入れて塗るところだったよ...topとmid sectionは影響が無いから巻いとくかな。巻いちゃったら「糸色変更」は無しでお願いしますね...(笑)